スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Windows Mobile 6のSDカード暗号化機能

iPAQ112のGPSナビ用に使っているPocket Mapple DigitalAdvanced/esにも入れています。
アドエスで利用するとGPSレシーバがなくてもPHSの受信局を利用した位置取得ができるのでとっても便利です。

しかしPocket Mapple Digitalを立ち上げると地図が表示されるまでに3分くらい(体感時間)待たされます。
地下鉄の駅から地上に出て「ここはどこじゃ?」などと言いつつ地図確認をおこなおうと思っても待ち時間が長くていらいらします。
しかしIPAQ112や昔使っていたW-ZERO3[es]ではこんなに待たされません。
「何が違うんじゃ?」と考えてみると思いつくことはそう、Windows Mobile6から追加されたSDカードの暗号化機能。

アドエスを購入し、MicroSDカードをさしてから直ぐにこの機能をオンにしておりました。
やはり暗号化、復号化の処理で随分SDカードの書き込み、読み込み時間がかかるようです。
とりあえずこの機能をオフにしてみよう」と言うことでオフにしてみたが、暗号化済みのファイルはすぐに復号化されるわけではなく、その後SDカードに書き込まれるデータは暗号化されなくなるだけみたい。

対応としてはSDカード上の「Shobunsha」と言うフォルダを違うフォルダにコピーし、また戻す、と言うやり方で復号化しました。

そしてPocket Mapple Digitalを立ち上げてみるとやっぱり早い!
数秒で地図が出てくるようになりました。

アドエスで写真を撮ったときにもSDカードへの書き込みにすごく待たされたのですが、暗号化をオフにしてからは直ぐに書き込まれるようになりました。

暗号化不要の大きなデータをSDカードに入れるときだけ暗号化オフにする運用でもよいかも。
20:12 | WindowsMobile | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
しぇりークラブ | top | [今日の一言]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kentajp.blog32.fc2.com/tb.php/40-2d7f61b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。