スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

善意って何かね?

1994年に起こったルワンダの虐殺
悲惨な状況をテレビで見つつ、それと同時に知ったとあるNPO法人の活動。
少しの寄付でもかなりの数の人を助けることができるらしい。
それならばと大したお金ではないが振り込みました。

それから15年、ひたすら送りつけられるダイレクトメール

活動広報誌振込用紙が入っています。

振込用紙にはこんな文言が、

こんな内容のことを15年前に見てオイラも募金をしたのだが、

今まで送られてきたDMの数をざくっと計算してみると、

月1通×15年=180通

オイラが善意で払ったお金はただこのDMに化けただけなんじゃないか?

と、どうしても思ってしまうのである。

ここでなぜか思い出されるのは、

誠意って何かね?」(『北の国から』'92 巣立ち)

という文太のセリフ。
送られてくるDMを見るたびに、

善意って何かね?

と自分に問いかけてみたくなります。

その後、調べてみたらこのNPO法人のホームページにDM配送停止のフォームがあったんですね。
もっと早くに停止しておくべきであった。

22:02 | 雑談 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2並びの日です。 | top | 駿河健康ランド二日目

コメント

# 善意・・
そのDM主は、一度お金を寄付してくれた人にやっぱり頼りたかったんだと思う。
発送代でたとえお金がかかってしまっても、そうするしか手立てがないんだと思う。
雲をつかむような数の人達にお願いするよりも・・。

それと・・、善意とは何か、いろいろ考えるところはあったりするけど、いずれにしてもその一つの自分の施しで誰かの命が救われるなら、誰かの役に立てるならそれでいいと思う。それが事実で真実であるなら。
by: たっちゃん | 2010/03/15 00:05 | URL [編集] | page top↑
# Re: 善意・・
善意には継続性が必要ですね。困っている人が一人もいない夢の世界にはほど遠い現実の世界ですから。
しかし人の善意で仕事をしている人達とはどう付き合っていくかは冷静に考える必要があります。
by: kent@jp | 2010/05/18 23:27 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kentajp.blog32.fc2.com/tb.php/293-4c74380c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。