スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

イタリア四日目

イタリア四日目、ヴェネツィアにおります。
今日は電車に乗り世界遺産にも登録されております世界で五番目に小さな国、サンマリノ共和国に行きます。

まずは朝食。

すぐにチェックアウトし急いで駅へ。8:57のMESTRE行きローカル電車に乗ります。

出発してすぐに切符を切る車掌さんがやってきましたが、切符に刻印がないことを指摘されました。
そうなのです、ここイタリアの電車は指定席でない場合は電車に乗る前に打刻器で時刻の刻印をしないと不正乗車として15ユーロも取られてしまうのです。

これは罰金を言われるのかなぁ、と思いましたが、オイラの切符はその後に乗り換えてからの指定席の特急券もまとめてホッチキス止めされていたので今回は大目に見てもらえました。
とても親切な車掌さんで英語で次から気をつけるようにと注意されました。

MESTREで次のボローニャ行きの特急に。こちらは座席指定されていますが、乗り込むとヨーロッパでは多いコンパートメント。6人の個室です。

オイラの右となりはおじいさん、左は30代くらいの男性。向かいは20代くらいのきれいなお姉さんです。
部屋に入って席に座るなりおじいさんに「ジャポーネ?」と聞かれたので「ジャポーネ」と答える。そして次の質問が重要

スゥテゥーデン?

おおっ!20代の頃は海外に行くとよく聞かれた質問であるが、さすがにアラフォー世代になった今、この質問は想定外でした。
ノーノーノー」と答えましたが内心は悪い気はしませんでしたよ。
「どこへ行くのか?」と聞かれ「サンマリノ」と答えると「オォ、サンマリーノー!」とみんな声を合わせて言っておりました。

それにしてもこの個室、めちゃめちゃ雰囲気がよくてビックリしました。
とにかくおしゃべりなおじいさん、周りの人はそのおじいさんのお話に乗ってとても和やかに会話をしています。初めて会った人たちとは思えない。
途中の駅から入ってきた若いお姉さんも普通に話しに交わり、まるでトーク番組を見ているみたい。
日本人、特に関東人が忘れてしまっている気さくな人との触れ合いがここにあると思いました。

一時間半くらいでボローニャに着き、この個室の方々ともお別れ。隣のおじいさんもこの駅で降りました。

しかしすでに20分遅れで到着。次の特急は乗り換える時間も20分くらい。
次の電車には乗れないかも、と思いながら駅の中を走り、ホームを確認しリミニ行きの特急に乗りました。
こちらの特急も乗り継ぎ電車も待っているのか、30分遅れの出発です。
そして午後1時頃、片田舎の駅リミニに到着。
ここからはバスサンマリーノに向かいます。
次のバスは14:10。時間がたくさんあるので明日のフィレンツェ行きのチケットを購入したり、ジュースを買ってのどを潤したりして時間をつぶします。

やっとこさ時間が来てバスに乗り込む。

それにしてもバスはものすごい混み具合。40分ほどでサンマリノに到着するのだがずっと立っておりました。

そしてうねうねの山道を通り、たどり着いたサンマリノ。

こちらはGPSログ。

サンマリノの中心は山の上の古城(要塞)です。

今日は平日だというのにとにかく人が多い
何なんでしょう?と思いつつ街を歩いていたら広場ではたくさんの人だかり。テレビ局も来ております。

そして民族衣装を着たパレードが。

ディズニーランド的演出をしている観光地なのか?と思ったら今日は共和国創立記念日祝日なんですね。
なんといい日にやってきたのでしょう。
宮殿の広場ではMotoGPのバイクの展示もやっていました。

ミニスカのおねぇちゃんもいたり。
近々レースがあるみたい。

よく分からない街の地形からなんとか本日のお宿を探し出し、チェックインした後、街を見物。

なぜかキティちゃん専門店がある。
そして共和国宮殿や美術館をみて回る。

最後はこの山の上の国を守り抜いた城を見学。

よくこんな断崖絶壁に城を作ったなぁ、と関心します。
ローマ軍もさすがにこの国は落とせなかったんですかね。

そんなこんなで夕刻、お腹も減ってきましたので夕食をいただきます。
城近くの見晴らしのよいレストランでペンネのパスタとワインをいただく。7ユーロくらいでした。

そして落ちる夕日と下界の街明かりを見てからホテルに戻ります。

本日のお宿はHotel Titano。45ユーロなのに四つ星ホテルです。

この旅最初で最後の四つ星ホテルはさすがに品格が違いますね。すばらしいです。
窓からは宮殿広場と宮殿が見えます。
夜は近くのスーパーで買ったビールとポテチを頂き、ほろ酔い気分でホテルを出て夜景を撮りに。

街の光がとてもきれいです。

サンマリノ共和国
イタリア名物の落書きもまったくなくとてもきれい治安がよく夜出歩いても不安をまったく感じない。さらに物価が安い
イタリアに来て一番よい所でした。

※写真はすべてクリックで拡大します。

23:59 | 旅行 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
イタリア五日目 | top | イタリア三日目

コメント

# 断崖絶壁のお城はなんていうお城?
有名なお城なの?
すごく格好いいっ!!

一人旅だと特に、他の人達との出会いや交流がとてもいい思い出になるよね。
私も一人旅の時のことを思い返すと、出会った人のことばかり思い出すよ。

それにしても「スチューデント」はないなあ。
ほんとは、「シチュー、伝統?」って言ってたんじゃないの~?
翻訳すると、「(あなたの国では)シチュー(が)、伝統(の食べ物なんですか)?」

会話に脈絡が全然ないかもしれないけど(笑)
by: たっちゃん | 2009/10/16 00:07 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kentajp.blog32.fc2.com/tb.php/268-c3c0df24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。