スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

崖の上のポニョ

先日仕事仲間と飲みに行ったとき、オイラがブログを書いているって話をしたのですが、「芸能人でもないのにブログ書いているの?」と先輩に驚かれました。

ブログは芸能人が書くもの」と思っている方がいることにオイラはびっくりです。

インターネットを日常的に使わない人で、普通にテレビを見ていて芸能人のブログ話を聞くとそういう風に思えてくるのかもしれませんね。

ところで、
崖の上のポニョのレンタルが開始され借りられる状態だったので借りてきました。

崖の上のポニョ [DVD]崖の上のポニョ [DVD]
(2009/07/03)

商品詳細を見る
宮崎アニメはナウシカラピュタあたりはよかったのだが、その後徐々に内容が分かりづらくなり、ハウルに至っては何のお話なんだかさっぱり。
たぶんポニョも難解なお話なんだろうと思い気を緩めることなく集中して見ましたよ。

そして気づいたことはこのアニメは子供目線大人目線で見られる二層になっているんですね。
子供目線では単純に海からやってきた女の子のファンタジー。
大人目線では宮崎アニメ特有の説明不足で解釈が難しいストーリー。

主人公の男の子と母は寛大で責任感が強くそして何でも受け入れる柔軟性のあるキャラクターですが、ポニョのオカンとは昔から知り合いだったのでは?
そもそもポニョのオカン何者?
結局、何を伝えたい映画なんですかね?
子供が親を呼び捨てにしている部分も非常に違和感あり。

単純なアニメは作らないのが宮崎駿のすごいところって言うことだけ理解して、この映画は忘却の彼方へ。。。

23:45 | DVD | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
iPhoneで夜逃げか? | top | MS Wireless Mobile Mouse 3000

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kentajp.blog32.fc2.com/tb.php/248-44f55158
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。