スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

トイカメラの楽しさ

前回のiPhoneアプリCamera Kitの記事で、
このアプリがあればVQ1015は必要ないかも
と書きました。

が、

先週末にVQ1015 Classicを持ってBBQに参加し、たくさん写真を撮り、帰ってからPCに取り込んだ写真をみて思いました。

はやりVQ1015は素晴らしい!

その素晴らしさを説明しますと、
VQ1015はファインダー的なものは付いていますが、まったく当てにならないので、カメラのおおよその向きで画角を捕らえます。
そしてシャッターボタンを押しても直ぐにはシャッターが切れず、1~2秒後にやっとシャッターが切れます。
液晶画面は付いていないのでどんな写真が撮れているのかさっぱり分かりません

このまったく分からない状態で写真を撮るというのがとても良い結果を生み出すのです。

素人カメラマンのオイラですが長く写真を撮っていると、この場合はこの様な画角を決め、こんなシャッターチャンスで写真を撮る、と言うやり方がパターン化してきます。。
また黄金分割などの小技を知っているとどんな写真も似たような構図で可もなく不可もないような写真ばかりになってきてしまいます。
このマンネリを打破しようと超広角、高画質、多機能なカメラを買い求めるようになってしまいます。しかしカメラを変えても結局は同じような写真は増えるばかり。
さらにこの事態を乗り越えようとHDRなどの写真加工技術を取り入れますが、写真の見栄えがちょっとよくなる位でマンネリが解消されるわけではありません。

VQ1015というトイカメラはこれらのマンネリをすべて打ち消す魅力を持っています。
家に帰ってきてから写真を初めて見てハッと驚く写真にたくさん出会えます。
自分ではまったく意図しない構図や意図しないタイミングでの人の表情など、普通のデジカメで撮れない(正確には「撮らない」)写真がいつの間にか撮れていたりするのです。
自分の未熟な写真技術を打ち破る写真を撮ることができるのがトイカメラの素晴らしい所だと認識しました。

これからもVQ1015 ClassicとEntryを使ってカメラライフをエンジョイしたいと思うのです。

 

※ちなみにVQ1015 Classicでエネループはまったく問題なく使えております。

23:36 | デジカメ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
お仕事で新宿へ | top | 元加治でBBQ

コメント

# この写真いいね☆
何だか懐かしくてあたたかい気持ちになった。

トイカメラって結構人気あるんだね。
そろそろ新しいカメラが欲しいなぁと思ってる私は、勧めてくれた「ミュータフ」も
なるほど♪と思いつつ、トイカメラにもちょっと魅かれてたりします。
私が今気になってるのは「デジタルハリネズミ」というカメラ。
ちょっと高いんだけどね。。
http://www.superheadz.com/digitalharinezumi/
by: たっさん | 2009/06/22 22:30 | URL [編集] | page top↑
# Re: この写真いいね☆
たっさま
デジタルハリネズミを調べてみたけど、お値段の割にはイマイチかな。
デジカメを直ぐに落としたり水没させたりするたっさまにはこの二つをお薦めしますぞ。
 ・オリンパスμTOUGH-8000http://olympus-imaging.jp/product/compact/mjutough8000/
 ・パナソニックDMC-FT1http://panasonic.jp/dc/ft1/
ヤワなデジカメはたっさまには似合いませぬぞ。タフなデジカメを買って荒々しく撮るのです!
今以上にワイルドさを演出するのです!
by: kenta | 2009/07/06 02:09 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kentajp.blog32.fc2.com/tb.php/237-5bde142c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。